Bezinox® 海底電力ケーブル用非磁性鎧装線 - ベカルトジャパン株式会社 - Bekaert.co.jp
ベカルトジャパン株式会社 - Bekaert.co.jp

Bezinox® 海底電力ケーブル用非磁性鎧装線

Bezinox®非磁性鎧装線は亜鉛めっきを施したオーステナイト系ステンレス鋼線で、海底電力ケーブルの保護に使用されます。




Bekaert社は、欧州カーボンニュートラルの取り組みに向けて、洋上風力戦略の一端を担います。

欧州委員会では、風力エネルギー事業を主要な発電技術として位置付けをしています。Bekaert社は、海底送電ケーブルの鎧装ソリューションで長年の歴史を持ち、再生可能エネルギー事業の価値創造の可能性を見出しています。

そのなかで、私たちはケーブル生産者、設計者、配電システム運用者、風力発電デベロッパーからの顧客・市場動向に基づいて、この市場課題を理解し、製品やサービスの開発をどのようにできるかを認識することが出来ました。

これらの課題に対処するために、Bekaert社は非磁性の亜鉛めっきステンレス鋼を使った鎧装線を開発しました。この製品は鎧装の電気ロスリスクを無くすことが可能です。 

亜鉛めっきステンレス鋼にはいくつか重要な利点がありますが、その中でも最も重要なのは非磁性の特性です。ステンレス鋼は透磁率が低く、ケーブル磁場による鎧装のエネルギー損失を低減します。その結果、どのようなケーブル設計でも鎧装ソリューションとしてケーブル送電効率を大幅に向上させます。

また、亜鉛めっき層を厚くしたオーステナイト系ステンレス鋼は、腐食による亀裂や孔食リスクに対して優れた耐性を発揮し、海中用途に最適です。これらの特徴を組み合わせることにより、めっきの無いオーステナイト系ステンレス鋼と比較して、より信頼性の高い製品寿命と性能を提供します。亜鉛めっき層が損傷しても、周りの亜鉛層が犠牲防食として働き、素地のステンレス鋼を保護します。

Bezinox®鎧装線は、あらゆる海底電力ケーブルに最適なソリューションとなっております。