ベカルトジャパン株式会社 - Bekaert.co.jp

温水ボイラー用 熱交換器

特徴

「省エネ」そして「コンパクト」な高効率潜熱回収型アルミ製熱交換器です。弊社のアルミ製熱交換器は、ヨーロッパ市場において35年間の歴史を持ち、3百万台以上のボイラーに採用されており、信頼度の高い製品として認められています。


製品

  

 

 

 

 

  • 1970年にアルミ製熱交換器をヨーロッパ市場に紹介したアルヒート社(オランダ)の技術を引き継ぎ、最新のデザイン、性能を追求しています。
  • ヨーロッパの家庭用・業務用温水ボイラー市場の半分を占めるアルミ製熱交換器のリーダーとして大きな役割を果たしています。
  • 欧州の高水準の規格(熱効率)にも対応する高効率熱交換器です。
  • 高効率の潜熱回収熱交換器として業界の厚い信頼を得ています。

 

技術的なメリット

  • 技術的なメリット高い熱伝達: アルミニウムは、ステンレススチールの8倍の熱伝達効率を誇る。最適化された内壁の突起配列により、スムーズな熱伝達を実現している。また、燃焼室内の熱はすべて温水として吸収されるため、セラミックなどの断熱材を必要としない。
  • 高耐久性(頑丈): 分厚いアルミニウム製であるため耐久性に優れる。ステンレス製の狭い水管はスケールが付着しやすくなり、ひび割れの原因ともなるが、アルミでは流水の圧力損失が少ない状態を維持したままでの運転が可能。
  • 高耐久性(サビ): ステンレスは溶接部などのため腐食が起こりやすく、温水の品質低下に繋がるが、アルミの場合、酸化被膜により守られている。
  • メンテナンス性 : 燃焼室内の空気を入れ替える為のエアパージやドレン水の除去がしやすい構造になっている。シンプルな構造であるため、必要に応じて内部の汚れを除去しやすい。

用途

 


 

採用用途例

アルミ製熱交換器は、その優れた特徴により、数多くの温水ボイラー製品で活用されています。ヨーロッパでは、家庭用、及び業務用のセントラルヒーティング用ボイラー(コンビボイラー)用途での採用が急増しています。欧州の最新の環境規格にも対応した高い熱効率の製品を世の中に送り出し続けています。


製品カタログダウンロード

  • 燃焼関連機器オフィシャルカタログ 
  • その他製品案内の詳細、技術資料をご希望の方は「お問い合わせ」ページよりご連絡ください。